9月17日 生栗販売

生栗販売が出来ない状態。

当地方の栗の生産量は、例年の半分程度と言われています。

少量で小粒な栗になっている。

写真のイガは、おおく見えるがこのままで終わる可能性も指摘される。

天候不順が原因と言われている。

これに台風が来れば壊滅的な状態も考えられる。

そのため、生栗販売が出来ないのが現状。

ただ、このイガが生産出来れば状況の変化もあり得る。

路地栽培は、予測と乖離する。